DIY手作り いっぽんファスナーの作品 インテリア・収納 暮らし

いっぽんファスナーでダイニングチェア用の座布団カバーを4枚作る【準備編】

2019年9月29日

ファスナー付きの座布団カバーは簡単に作れる?いっぽんファスナーを使うと時短になる?

ミシンおじさんのいっぽんファスナーを使えば

時短で簡単に座布団カバーを作れます。

いっぽんファスナーを使うと

裁断するパーツが少なくて済むので時短です。

パーツが少ないと、ミシンがけも少なくて済ん

ダブルで時短になります。

こびママ
今回の記事はひも付き座布団カバーを作る前の【準備編】です
こびママ
座布団のサイズ、クッション材、ファスナーの配色を検討しました
座布団の作り方【最新版】は関連記事からご覧いただけます
こびログ
関連記事
ダイニングチェア用の座布団カバーを作りなおす

ひもとファスナー付きの座布団カバーを強度を増して作りなおしました。ひもを作らずダイソーのべんりベルトで代用しているので、面倒が1つ減りました。

続きを見る

注意ポイント

一般的なファスナーの作り方とは異なります。

 

ひも付き座布団カバーを4枚作る準備

 

生地を選ぶ

生地は絶対に「ウィリアム・モリス」

と決めていたので、

ユザワヤで会員向けの割引を待って

通常価格の30%引きで購入しました。

 

クッション材を選ぶ

以前の座布団が40センチ四方だったので

40cm✖40cmのウレタンクッションにしました。

厚みが4cmあるので実際の40センチ四方よりも

見た目がだいぶ大きくてビックリ

 

ウレタンクッションは、ハサミやカッターで

好きなサイズに切れるので便利です。

 

裁断をするときの注意点

クッションに4cmの厚みがあるので、

40センチ四方のつもりでしたが、

ぬいしろ2cmと厚み4cmを追加して

裁断しました。

 

いっぽんファスナーに新色登場!

いっぽんファスナーから

新色が出たので早速購入しました。

新色ビビッドカラーSET

どれも発色が良くてカワイイです!

 

トリコロールSETも購入。

座布団カバーに紺が合うかなぁというのと

赤がなくなってきたというので、

赤白のセットを購入しました。

 

ミシンおじさんのいっぽんファスナーは

パーツランド・マルマツのBASEで販売しています。

楽天やヤフーショッピングでも購入できます。

 

いっぽんファスナー選びは楽しい!

持っていたカラフルSETも合わせて

10色の一本ファスナー生地の上に並べてみました。

 

生地A

赤系が良さそうです。

 

生地B

やっぱり紺がいいかな。

 

厳選して置いてみる

生地Aはピンクに決定!

 

生地Bは迷っています。

 

 

座布団カバー作り準備編のまとめ

座布団カバー4つ分の裏表の生地を8枚裁断したら、

思ったより時間がかかって重労働だったので、

切った後、2週間ぐらい放置してしまいました。

ポーチ類なら80cm四方のダイニングテーブルで済みますが

使用する生地が大きいとアイロンなどの置き場に困って、

一つやって一つ片付けるという感じで、

足腰にきて疲れます。

床のスペースは子どものおもちゃに占領されて

生地を広げることができず、

お昼とおやつの時間には

テーブルの上を片付けて食事の準備・・・

 

ピンタレストで、

自宅にある憧れのワークスペースの画像ばかり見ていたら、

座布団カバーを作らずに2週間経っていましたw

 

 

【応用編】リバーシブルの座布団カバーもできる!

ミシンおじさんにいっぽんファスナー用の

タブが2個ついたスライダー(リバーシブル用)

送って頂きました。

※色は一色のみで、在庫はまだあるそうです(2019年9月現在)

※BASE(WEB)での販売はしていませんので

お買い求めの際は、ミシンおじさんに直接ご連絡してみてください。

 

このスライダーがあれば、

リバーシブルのクッションカバー応用して

リバーシブルの座布団カバーもできます。

 

ひもを付ける位置は、

表生地をファスナー側

裏生地を底側に。

上下に付けるとムダなくできそうです。

 

こびママ
今回の記事の【製作編】は関連記事からご覧いただけます
関連記事
いっぽんファスナーでダイニングチェア用の座布団カバーを4枚作る【製作編】

いっぽんファスナーナーを使って座布団カバーを4枚製作しました。今回の座布団カバーは裁断してひもを作ったあと、組み立て時間1コ20~30分で作れました。時短で作れるのでいっぽんファスナーをぜひお試しください。

続きを見る

 

ぜひお試しください。

-DIY手作り, いっぽんファスナーの作品, インテリア・収納, 暮らし

© 2022 KOBiLOG Powered by AFFINGER5