DIY手作り いっぽんファスナーの作品 インテリア・収納 暮らし

いっぽんファスナーでダイニングチェア用の座布団カバーを4枚作る【製作編】

2019年10月1日

ひも付きの座布団カバーを作りたい。いっぽんファスナーでも簡単に作れる?

ダイニングチェア用の

ひも付き座布団カバーを作りました。

こびママ
ファスナーは、いっぽんファスナーを使っています

いっぽんファスナーを使うと

ファスナー付けが簡単で、

工程が少ないので時短で作れます

今回の座布団カバーは

裁断しひもを作ったあと

組み立て時間1コ20~30分で作れました。

こびママ
いっぽんファスナーに新色が増えて、生地に合わせて選ぶのが楽しかったわ

注意ポイント

一般的なファスナーの作り方とは異なります。

 

座布団カバーの作り方

こびママ
この記事では製作工程を簡易式にご紹介しています
こびママ
座布団のひもをどうすれば簡単に作れるのか?この記事で検証しています
座布団の作り方【最新版】は関連記事からご覧いただけます
こびログ
関連記事
ダイニングチェア用の座布団カバーを作りなおす

ひもとファスナー付きの座布団カバーを強度を増して作りなおしました。ひもを作らずダイソーのべんりベルトで代用しているので、面倒が1つ減りました。

続きを見る

 

製作工程

ヒモ付け位置を決めて仮止めします。

表布と裏布と一緒にファスナーを付けます。

スライダーを付けて周りを1周ぬいます。

裏布側に返し口をあけます。

表に返して返し口を閉じます。

できあがりです。

ピンクの発色がキレイです。

紺もキレイなんですが、生地に合いすぎて地味でした。

 

 

最も簡単なひもの作り方

ひも通しなどで表に返す手間のない

簡単な方法を見つけたのでやってみました。

もう失敗しない!簡単&きれいな「布ひも」の作り方

(nunocoto-fabricさんより引用)

https://book.nunocoto-fabric.com/4555

 

アイロンをかける

 

ひもの先になる方をぬう

布に上下がある場合は上の部分をぬいます。

 

上の部分だけ、

アイロンをかけた中心線を逆に折ります。

上の部分の断面図はM字型です。

 

仕上げのミシンがけ

表に返します。

角はピンセットや目打ちなどで整えてください。

アイロン効果が弱まったら

コロコロオープナーか、アイロンがけをしてください。

ミシンがけをします。

厚みのあるところ(上)から

返しぬいをして始めるので

布送りが難しく布がズレて縫い目もズレてしまいます。

 

自宅の座布団なので気になりませんが

ひもをもう少しキレイに作りたい方は

>>ひも付き座布団カバーの作り方【ミシンおじさんのいっぽんファスナー】

工程1:ひもの作り方をご参照ください。

ひも通しで表に返す面倒はありますが、

初心者でも失敗しない方法です。

 

できあがり

 

 

便利な道具

 

コロコロオープナー

アイロンを出すのが面倒なときは

コロコロオープナーで折り目を付けます。

 

ピンセット

つまんで布を送ったり、角をだすときに使います。

 

20cmの竹尺定規

1cm程度の折り目を付けたり

測ったりする場合は軽くて丈夫で便利です。

50cm定規では幅をとる小さい作業に向いています。

 

ぜひお試しください。

 

 

-DIY手作り, いっぽんファスナーの作品, インテリア・収納, 暮らし

© 2022 KOBiLOG Powered by AFFINGER5