ソーイングどはまり主婦の手作りと子育てとおうち仕事

KOBiLOG

仕事

Open Live Writerおすすめプラグイン【Dynamic Template】

投稿日:2019年4月14日 更新日:

Open Live Writer で個人で使っているボックスなどのタグを挿入する方法は?Dynamic Templateというプラグインが便利?初心者にもオススメ?

Open Live Writer でオフラインでもブログが書けて便利なことがわかりました。

ただ独自テーマについている飾りやボックスタグをつけるコマンドがなかったので

管理画面へPostしてから管理画面上で最終的にタグを追加修正して公開していました。

 

初心者だから知らないだけで先輩方はもっと便利に使っているのではないか。

調べたらDynamic Templateというプラグインを見つけました。

に名前を付けてテンプレートとして登録しておくだけです。

次からは登録したテンプレートの名前を呼び出すだけで挿入できます。

Dynamic Templateをダウンロード

https://github.com/Vladekk/DynamicTemplate/releases

DynamicTemplate.v1.0.4_installer.exeをダウンロードして実行(インストール)します。

 

Open Live Writerを起動してテンプレートを新規登録

プラグインの中に追加されています。

DynamicTemplate1

タグをテンプレートに登録してみます。

Edit TemplatesをクリックしてNewで新規登録を行います。

DynamicTemplate2DynamicTemplate3

名前を登録します。自分がわかればいいのでローマ字でも日本語でもOKです。

DynamicTemplate4

私はWordPressの有料テーマ(AFFINGER5)を使用しています。

HTMLタグを直にタイピングしなくてもタグというカラムで飾り系(ボックスなど)を選択できます。

そのときに使われているショートコード(タグ)をTemplate Bodyにコピーして登録します。

 

DynamicTemplate5

一般的にはHTMLタグをTemlpate Bodyに貼り付けます。

初心者は使用中のテーマのショートコードを貼り付けるのが最適です。

※ただしプレビューは行えません。

 

登録したテンプレートを挿入する

使用するテンプレートを選択してContinueをクリックするだけで挿入できます。

DynamicTemplate6

ポイント

Open Live Writer でブログを書くときはDynamic Temlateプラグインを合わせて使うのがおすすめです。

初心者でHTMLがわからなくても簡単にテンプレートを挿入できました。

-仕事

Copyright© KOBiLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.