ソーイングどはまり主婦の手作りと子育てとおうち仕事

KOBiLOG

仕事

【Open Live Writer初心者】ダウンロードしてエラーして解決したときの注意点

投稿日:2019年4月13日 更新日:

先輩ブロガーさんおすすめのブログツールは?オフラインでブログが書ける?何回もプレビューしなくてOK?

オフラインでブログを書ける便利ツール【OpenLiveWriter】

1.ダウンロードと初期設定

IT用語がわからない上に英語のみだったので

初期設定は以下のブログを参考にさせて頂きました。

寝ログ

Open Live WriterをインストールしてWordPressサイトに投稿するための初期設定

2.お試し投稿(Post draft to blog)

タイトルと簡単な文章を書いてから

Post draft to blog してみました。

管理画面の投稿一覧に下書きとして投稿されました。

3.お試しアップロード(Publish)

Post draft to blogとの違いがわからなかったのでお試しでやってみました。

4.文章を変更しては2と3を繰り返しました

見出しタグh2h3に変更したり、リンクを張ったり、写真を載せたりなどなど

管理画面上の表示と実際のページの表示を見比べたりしていました。

5.管理画面の投稿一覧に投稿されなくなりました。※エラーメッセージなし

6.押し間違えたのかと思いまた2と3を繰り返しました。

7.以下のエラーメッセージが出ました

The response to the metaWeblog.newPost method received from the blog server was invalid: Invalid response document returned from XmlRpc server

8.エラーメッセージを直接Google検索しました。

ズバリの解決方法は見つかりませんでしたが何となくの収穫がありました。

・ログファイルを参照してみること

・通信エラーが出ないように数秒や数分で投稿を繰り返さないようにすること

9.ファイル→AboutOpenLiveWriterのところにShow log file

ログファイルが見当たりませんでした。

10.DraftsフォルダとRecent Postフォルダを参照しました。

投稿したファイルのほかにcache.xmlというファイルがありました。

11.フォルダ内のファイルを全部削除しました。

12.正常に戻りました。

エラーが出たらとにかくリブートする

まだお試しだったので全部削除しても何の影響もない

ということで事なきを得ました。

ポイント

初心者がエラーを出すと検索に頼るしかありません。

どの解決方法も熟練の技っぽいIT用語が並ぶのと、

英語が多いというので解決するにも時間がかかります。

投稿Postを数秒数分単位で何度も繰り返すということだけは

絶対にしないようにご注意ください。

 

OpenLiveWriterでできることは?独自テーマと同じタグをつける方法は?

Dynamic Templateを使って自分がよく使うタグ(ボックスデザインとか)を登録しておけばさらに使い勝手が良くなります。

次回はDynamic Templateを使ってみようと思います。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

-仕事

Copyright© KOBiLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.