ソーイングどはまり主婦の手作りと子育てとおうち仕事

KOBiLOG

DIY手作り ファッション 子ども服 洋服作り

ハレの日のキャミソールワンピースの作り方(90~120cm)

投稿日:2019年7月4日 更新日:

入学式や発表会に着る子ども服がない。このときしか着ないのに、買うかどうか迷う。普段も着れそうな服が簡単に作れないかな?

ハレの日にもお出かけにも着られるような

子どものワンピースが欲しいけど。

 

1回のために買うのももったいない

すぐサイズが変わるし、汚しがち

90~120cmの子どもには、買うかどうか迷います

 

手づくりワンピースのメリット

  • 安くすみます
  • もし汚れても、また作ればいいやと思います
  • 身体に合わせて作るのでワキとか肩がブカブカになりません
  • お母さんの作ってくれるカワイイお洋服大好き!と喜んでくれます

 

手作りワンピースのデメリット

    • 家事と育児の合間にやるので2~3日かかります
    • 慣れていないと1か所は必ず失敗するのでため息が出ます

 

夏のイベントお出かけにピッタリのキャミソールワンピースを作りました。

参考にした本が難しかったので、

わかりづらかったところを勝手に解説しています。

 

ぜひ手作りにチャレンジして頂けたら嬉しいです。

 

初心者の方でも、今回のキャミソールワンピースが作れたら、

他のページの作品も作れるように、説明不足のところや

気づいたところをなるべく細かく書いています。

 

 

『女の子のよそゆき服』キャミソールワンピースの作り方

型紙と作り方の参考図書

『女の子のよそゆき服ー特別な日のための1枚ー』

姉妹のワンピース11番を作りました。

作り方がわかりづらいので、洋裁自体が初めての方にはおすすめできません。

ただ眺めるだけでも楽しいので、立ち読みはおすすめです。

 

 

できあがりサイズ

120cmの型紙を使いました。

できあがりサイズは120cm弱の子どものひざ下10cmの長さ

 

裁断するときにスカートの長さを間違えましたが、ちょうどよくなりました。

 

型紙通りに作るとプラス8cmになるので、

スカートのすそがくるぶしの辺りまでくるかもしれません。

型紙を作る時、すそを縫うときにスカートの長さは調整できます。

 

 

材料

  • 表布110cm幅✖180cm
  • 接着芯40cm✖35cm
  • 平ゴム5ミリ✖40cmを4本(160cm)

 

 

型紙を作るときの材料

  • 『女の子のよそゆき服』についている型紙
  • 模造紙(100円ショップでOK)
  • カーボン紙
  • 書けなくなったボールペン(なければ鉛筆)
  • (方眼)定規

 

 

型紙を写す

今回の型紙はぬいしろを含んでいないので、

上下左右に余裕をもって配置してから模造紙に写します。

模造紙の上に型紙をおいて、その間にカーボン紙を下向きに挟みます。

 

型紙の線を書けなくなったボールペンでなぞると模造紙に写しとれます。

 

なぞるときは必ず定規を使います。

カーブは少しずつ定規の角度を変えながらなぞります。

 

カーブ定規があると便利ですが、なくてもキレイに写せます。

 

前身ごろ(今回は見返しも同型)は半分の状態で型紙に記されています。

型紙から写す時も模造紙を同じように半分に折った状態で写してください。

※広げた形で裁断します。

 

 

模造紙にぬいしろを書き足す

前スカート、前身ごろ(見返し)

指定の数字がないところはぬいしろ1cm、5には5cm書き足します。

 

方眼定規をうまくつかうと簡単に書き足せます。

 

 

後ろスカート

指定の数字がないところは1cm、5には5cm、ウエスト部分には

前身ごろの中心のサイズ(120cmの場合は12cm)を足した上に

ぬいしろ1cmもつけます。

 

スカートの長さを短くしたいとき

ぬいしろを指定通り全部足した上で、前スカートと後ろスカートを同じ長さに短くします。

前スカートはすそ側から、後ろスカートはウエスト側から短くして大丈夫です。

または、すその仕上げで三つ折りする前に

同じ長さで1周カットしても大丈夫です。

三つ折りの分5cm短くなることを忘れないようにしてください。

 

 

肩ひも

よこ30cm✖たて5cmを2本

 

 

写した型紙を切る

ぬいしろを書き足した線で切ります。

裁断した生地にぬいしろを書き込む必要はありません。

 

 

表布に型紙をおいて裁断

本に載っている裁ち合わせ図通りの布目の方向に型紙を配置して裁断します。

 

布目の方向が合っていればいいので、配置の仕方は自由です。

 

待ち針でしっかりおさえて裁断する。

もしくは消えるチャコペンなどで型紙をなぞってから裁断します。

 

型紙をなぞってから裁断するときも、

型紙をはずさないで、ガイドにしながら裁断すると失敗しません。

 

ポイント

前身ごろは接着芯と一緒に裁断します。

同型の見返しには接着芯を貼りませんので、

型紙通りに裁断しておきます。

 

 

前身ごろに接着芯を貼って裁断する

大きめにざっくりと表布をとり、

その上に同じぐらいのサイズの接着芯を貼ります。

 

アイロン台の上と一番上には当て布やクッキングシートをひきます。

 

貼った後に前身ごろの形に合わせて一緒に裁断します。

 

 

ジグザグミシンをかける

後ろスカートのウエスト部分と

見返しの下の部分にジグザグミシンをかけます。

 

肩ひもを作る

上下を1cm折り返して四つ折りにしてアイロンをかけておきます

 

両サイドのきわにステッチをかけます。

 

 

前身ごろと見返しをぬい合わせる

※一緒に肩ひもを縫い合わせます

1.肩ひもと前身ごろを中表に仮止めする

 

2.前身ごろと見返しを中表に合わせる

 

3.そでぐり~上端~そでぐりをぬう

 

4.縫い終わったら表に返す

 

前スカートにギャザーを寄せる

1.5ミリのところと1.5cmのところに荒ミシンをかける

本には0.3ミリと0.6ミリのところと記載されています。

薄い生地ですと1.5cmの荒ミシンの跡(穴)が表側についてしまいます

本の通りに細かく縫えそうでしたら0.3ミリと0.6ミリをオススメします。

 

本ミシンをかけるときに1cmのところを縫うのは同じです。

荒ミシンの間に本ミシンをかける方が、ギャザーを縫いやすいです。

慣れていなくて、跡も気にならないようでしたら、

5ミリと1.5cmがおすすめです。

 

 

2.上糸の2本を引っ張りギャザーを寄せる

 

 

3.ギャザーをアイロンでおさえる

ギャザーをアイロンで押しつぶします。

前身ごろの下側の長さに合わせて前スカートのギャザーを整えます。

 

 

前身ごろと前スカートのギャザー部分を中表に縫い合わせる

前身ごろと前スカート中表に合わせます。

見返しを巻き込まないように注意してください。

荒ミシン2本の間に本ミシンをかけます。ぬいしろ1cmです。

 

本ミシンをかけたら、荒ミシンの2本を取り除きます。

ぬいしろは上側にたおしておきます。

 

 

前スカートと後ろスカートの脇をぬう

前身ごろにつながった前スカートと後ろスカートを中表に合わせます。

 

見返しにゴム通し口をあけて脇を縫います。

後ろスカートと見返しの3ミリと前身ごろから下を縫います。

 

脇が縫えたら、ぬいしろは2枚まとめて

ジグザグミシンをかけて前側にたおしておきます。

 

後ろスカートにゴム通し部分をぬう

ゴム通し口が6cmなので、1本1.5cmずつ。

上から

  1. 2ミリと1.5cm
  2. 1.7cmと3cm
  3. 3.2cmと4.5cm
  4. 4.7cmと6cm

4本のゴムの上下に合計8本のステッチをかけます。

 

 

ゴムを通して留める

ゴムを4本通したら片側だけ留めます。

 

試着してゴムの長さを調節し、反対側も同じように留めます。

余分なゴムは切っておきます。

 

前身ごろにステッチをかける

前身ごろとスカートが付いている部分に表側からおさえのステッチをかけます。

 

 

肩ひもを後ろスカートに縫い留める

試着して肩ひもの位置を決めて後ろスカートに縫い留めます。

 

 

すそを三つ折りにしてぬう

1cm折ってからさらに4cm折ってステッチをかけます。

すその長さは三つ折りにする長さを例えば3cmと3cmにしたり、

もっと短くしたければカットしてから三つ折りすることで微調整できます。

 

わたしはスカートの裁断を失敗したので、スカートが12cm短くなりました。

三つ折りすると短くなりすぎるので、

すそにジグザグミシンをかけて1cmだけ折り返し、2つ折りにしました。

試着して長さを決めました。

 

 

 

できあがり

 

 

どのくらいの時間で完成する?

型紙作りと裁断に1日(2時間)ミシンがけに1日(5時間)

合計2日かかりました。

これでも、本が難しかったわりに早くできたという印象です。

 

自信がない方は最初に

ギャザースカートやてぬぐいチュニックを作ってみてください。

型紙なしで簡単にできるギャザースカートの作り方はこちらからご覧いただけます

手ぬぐいリメイクチュニックの作り方はこちらからご覧いただけます

 

3枚目には自信をもってキャミソールワンピースが作れるようになります。

 

 

ワンピースにおすすめの布

フルーツ柄の綿100%(ブロード)の生地がオススメです。

キウイ・フルーツ柄 ブロード生地

派手な柄が似合ってうらやましい。。。

 

ワンピースを作るときにあると便利な道具

カーボン紙

カーボン紙を使うと簡単なわりにキレイに型紙が作れます。

色々試して、このやり方に定着しました。

 

方眼定規

うちの定規は製図用で、0のところの左に余計なメモリが付いています。

一番左が0になっている洋裁用の定規が便利です。

 

カーブ定規

※カーブ定規はずっと買うかどうか迷っています。

どうせカーブを線通りにキレイにミシンで縫えないと思っているのでw

もっと腕が上がってから買おうと思います。

 

-DIY手作り, ファッション, 子ども服, 洋服作り

Copyright© KOBiLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.