DIY手作り ファッション 子ども服 洋服作り

洋裁初級者でも簡単!子どものフォーマルコートを手作り【肌寒いハレの日用】

2022年3月12日

入学式や結婚式に着る子ども用のフォーマル服。数回しか使わないのに買うのはもったいない。羽織るだけでキチっと感が出るフォーマルコートがあると便利?

こびママ
4月って意外と肌寒いのよね
入学式とか結婚式って、待ち時間が長いから風邪ひいたら大変だわ
こびママ
こびママ
数回しか着ないのに買うのはもったいないから作りましょう!

 

 

子どものフォーマルコートを作る方法 ー『女の子のまいにちの服』より

 

材料(140cm用ー『女の子のまいにちの服』より)

  • メインの生地 165cn幅✖95cm
  • 見返しとポケット裏の生地 110cm幅✖85cm
  • ハトロン紙 60cm幅✖10メートルを使用
  • 接着芯(ダイソー)
こびママ
今回は120cmと140cmの2着を作りました

2着分の生地

  • メインの生地 110cm✖200cm
  • 見返しとポケット裏の生地 110cm✖85cm

 

時短におすすめの道具

  • カーブ定規
  • ロータリーカッター
  • カッティングボード
created by Rinker
¥1,573 (2022/12/09 07:34:31時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,258 (2022/12/10 01:41:07時点 楽天市場調べ-詳細)

 

本選び『女の子のまいにちの服』から決定

O.ボーダーニットコートの型紙を使用

 

1.本の型紙をハトロン紙に写す

型紙を写す前の注意点

型紙にぬいしろがふくまれているかどうか、いちばん最初に確認してください。

こびママ
今回は後ろ身ごろの型紙を切り終わったところでぬいしろがないことに気づきました
2回に1回ぐらい忘れてやり直すのよね
こびママ
こびログ
必ずぬいしろを含んだ型紙を作りましょう

 

 

 

 

こびママ
以前は型紙の下にカーボン紙を敷いて模造紙に写していました
でもハトロン紙の方がやわらかいのに丈夫だし、鉛筆で書けば消して直せるので最近はハトロン紙を愛用しています
こびママ

 

 

 

 

こびママ
初めてカーブ定規を買って使ってみました
いつも直線を小さく刻んで曲線にしていたのですが、カーブ定規でビューーーンと一気に書けるのが快感でした
こびママ
こびママ
早く買えば良かったわ

 

2.裁断する

こびママ
裁断が終わればもう7割ぐらいできあがったも同然だわ

こびママ
ロータリーカッターがあれば裁断も簡単です
写真は、型紙にぬいしろを足し忘れたものです。裁断する前にぬいしろを足して布に線を引いてから裁断しています
こびログ

 

3.接着芯を貼る

アイロン台の上にクッキングシートを敷いて

その上に接着芯を接着面が上になるように置きます。

 

 

 

 

さらにその上に見返しなどの補強するパーツを置き、

クッキングシートを当て布がわりにして、布の部分のみをアイロンがけします。

 

 

 

 

7~8割ぐらい仮接着をしたら、パーツの形に接着芯を切って、最終的にアイロンで接着します。

 

 

 

 

こびママ
接着芯をパーツの型紙で切っておくよりも簡単にできます

 

4.手順どおりにぬい合わせる

 

 

 

 

まとまった時間がとれないので、

午前中に1時間は必ずやる、

あるいは1工程は必ず進める

 

毎日ルーティーン化する方法で

1週間でできあがりました。

こびママ
ダイニングテーブルが作業台だから、食事のたびに中断
今冬は学級閉鎖があって、さらに大変だったわ
こびママ

 

5.できあがり

 

 

まとめ

今回の子ども用コートに使ったメインの生地をお店で触った時は、

よく伸びるからジャージみたいで楽な服が作れそうと思いました。

しかも1メートル150円で安くて、2メートル買っておきました。

 

コートにしてみると幼稚園の制服と似た生地だったので、

計算外ですが、完全にフォーマル服になりました。

 

こびママ
何が作れるのかわからない生地だったけど、結果オーライだわ

 

アレンジしたところは?

参考本にはメインの生地に天竺と見返しにリネンを使用していました。

またボタンを2個付けるようになっていますが、まだ付けていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月更新

こびママ
本の通りにボタンを2つ付けました

 

 

 

 

 

こびママ
ボタンホールの位置は型紙に合わせて
こびママ
ボタンの位置は子どもたちのサイズに合わせました
ボタンの位置をずらしていけば、成長に合わせて少し長く着られますよ
こびログ

 

 

 

 

 

 

 

 

難しかったところは?

型紙の裁断ミスなのか、

そで付けのとき、

そでが身ごろよりも後ろ側1cmぐらい長かったので、

そで山と肩の縫い目をキッチリ合わせることに集中しました。

後ろ側だけそでが少し余っても、

わきをぬうときに余った分を少しカットするだけで済みました。

 

また、見返しをつけるとき

見返しのつなぎ目と肩がキッチリ合うことに集中しました。

後ろ見返しの真ん中から身ごろのすそに向けて左右2回に分けて慎重にミシンをかけました。

こびママ
衿ぐりと肩をキッチリ作ればなんとかなります
すそから順番にぐるっとぬうと、生地が伸びやすくて肩がズレる可能性がありました
こびママ
こびママ
そこで、キッチリ合わせたいところからぬい始めました

 

ぜひお試しください。

-DIY手作り, ファッション, 子ども服, 洋服作り

© 2022 KOBiLOG Powered by AFFINGER5