ソーイングどはまり主婦の手作りと子育てとおうち仕事

KOBiLOG

タオル リメイク

ミシンなしで簡単なラップタオルの作り方

投稿日:2019年5月14日 更新日:

プール用のラップタオルを簡単に手作りしたい。ミシンを使わない作り方を知りたい。バスタオルをリメイクできる?

1か所手縫いをして、ゴムスナップボタンを付けるだけ。

プールや子どもの湯あがりタオルにオススメです。

余っているバスタオルで簡単にリメイクできます。

 

 

【バスタオルをリメイク】ラップタオルの作り方

できあがりサイズ

子ども(120センチ)の胸上からひざ下まで。

※使用するバスタオルのサイズによって異なります。

 

材料

バスタオル 横130センチ✖たて60センチ

ゴム 10.5ミリ✖60センチ

スナップボタン 直径12ミリ✖3個

ボタンの直径は1センチ以上あると、子どもがボタンをとめやすくなります。

 

 

ゴム通し部分をぬう

バスタオルの上側を3センチ折り返します。

 

なみ縫い(1針8ミリ前後)をします。

始まり終わり3回返し縫いをします。

強度が心配な時

  • なみ縫いを5ミリ程度の小さい幅にする
  • 途中、例えば5回に1回、返し縫いをはさむ

 

 

ゴムを通す

ゴム通しを付けた反対側をクリップで留めます。

ゴムが中に入り込まないように注意してください。

 

 

ゴムの片側をループ状にして仮止めする

引っ掛けられるようにゴム端をループにします。

※ループはお好みです。

ループにしない場合はぬい留めます。

 

 

ゴムの両端をタオルに縫い留める

 

 

スナップボタンを付ける

18センチ間隔で付けます。

ボタン付け位置に合印をつけます。

 

凹凸を確認してからスナップボタンを付けます。

関連記事>>スナップボタンの付け方ゴム通しのコツは、

失敗しないソーイングの基本テクニック5選に載っています。

 

ボタン付け置の間隔目分量でもOKです。

その場合は、凹と凸で位置がズレないように

をつけるなどして注意してください。

子ども用のラップタオルの場合、ボタンは3つ最適です。

 

 

できあがり

 

 

 

【失敗談】ゴムの両端が中に入り込みました

ゴムを通してぬい留めるとき

ループを何センチにしようか迷っていたら

ゴムの端が両方とも中に入ってしまいました。

 

ゴムがどこにいるのかを手探りで確認して、

なみ縫いしたところを5センチほどきました。

ゴムをつかまえて全部出してから、

ほどいたところを再度なみ縫い・・・。

再度ゴム通し・・・。

 

本来なら短時間で簡単にできます

うっかりミスにご注意ください。

 

 

ラップタオル作りに必要な材料と道具

平ゴム

10.5ミリ幅で充分でした。

 

 

手芸用の仮止めスタンドクリップ

ゴムの両端を留めておくときにあると便利です。

100均(ダイソー、セリアなど)で売っていますが、

カーブや厚地で使ってみると強度が違いました。

 

 

ラップタオル

作ろうかと思ったけど時間がない場合、

子ども用のラップタオルは1,000円前後で買えます。

 

 

 

他にもあるバスタオルの有効活用

ぞうきんにする

バスタオルからぞうきん6枚作れます。

作り方はこちらからご覧いただけます。

 

 

余ったハンドタオルもリメイクで再利用!

こびママ
ハンドタオルがタオルポーチになりますよ
タオルポーチの作り方

ハンドタオルに一本ファスナーを1周ぬうだけ。簡単にタオルポーチができます。ペットボトルや折りたたみ傘を入れても水滴を吸収してくれます。

続きを見る

 

こびママ
ボックス型のタオルポーチにもなりますよ
ハンドタオルでボックスポーチの作り方

ハンドタオルをそのまま利用したボックスポーチの作り方です。ふちかがりなし、裏地なし。ファスナーと両サイド合計3か所ぬうだけ。手間が少なく時短でポーチが作れます。飲み物や折りたたみ傘、洗面道具などタオル地ならではの使い道があって便利です。

続きを見る

 

 

ぜひお試しください。

 

-タオル, リメイク

Copyright© KOBiLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.