ソーイングどはまり主婦の手作りと子育てとおうち仕事

KOBiLOG

DIY手作り インテリア・収納 子育て

【入学準備】防災頭巾カバーの作り方(座布団タイプ)

投稿日:2020年3月23日 更新日:

防災頭巾を座布団にするならカバーが必要?作り方を検索しても出てこない。簡単に手作りできる?

入学準備で買った防災頭巾。

毎日学校で座っているうちに汚れそう。

座布団タイプの防災頭巾カバーの作り方を検索しても、動画やサイトが出てきませんでした。

こびママ
どうしよう?
防災頭巾のサイズを測って考えてみよう!
こびログ

防災頭巾に付いているゴムがそのまま利用できるような単純なカバーを作りました。

巾着袋(お弁当袋)の作り方とほぼ同じで、1枚布で簡単に作れます。

 

 

防災頭巾カバーの作り方(座布団タイプ)

できあがりサイズ

たて約32cm✖よこ約46cm✖高さ(マチ)8cm

ゴムは防災頭巾に付いているものを利用しています。

今回はカバーにゴムを付けません

単純に包むだけのカバーになります。

こびログ
カバーにゴムを付ける方法も考えたよ!さいごまで見てね

 

 

防災頭巾の採寸

たて30cm✖よこ48cm✖高さ(厚み=マチ)10cm弱

 

 

表布の大きさ計算方法

防災頭巾の厚みは10cm弱ありましたが、座るとつぶれるのでムリなく入る程度にマチを8cmに縮めました

たて表側30cm+たて裏側30cm+底のマチ8cm+上側のマチ8cm+三つ折り3cm=79cm

よこ48cm+マチ8cm+ぬいしろ2cm(左右1cmずつ)=58cm

防災頭巾のクッション性が高いので、裁断する前に布をたて79cm✖よこ58cmになるように折って、実際に包んで確認しました。

よこが2cm弱ぐらい小さくても良さそうだったので、1cm引いてよこ57cmに変更しました。

 

 

材料

表布 たて79cm✖よこ57cm

ファスナーテープ(縫製タイプ) 幅2.5cm✖8cmをオスメス2つずつ

 

 

両サイドのぬいしろを始末する

ミシンの押さえをふちかがり用に取り替えて、ミシンをふちかがりモードにします。

両サイドたて79cmを左右ともにふちかがりします。

布の耳を利用している場合は、耳の方だけふちかがりをしなくて大丈夫です。

ふちかがりが終わったら、おさえとモードを直線ぬいに戻しておきます。

こびママ
戻し忘れて間違えるとテンション下がるので要注意です!
テンションは大事!終わったらすぐ戻しておこう
こびログ

 

 

アイロンをかける

入り口がわを三つ折りにしてアイロンをかけます。

さいしょに1cm、さらに2cm折り返して三つ折りにします。

 

 

両サイドをぬいあわせる

中表に半分に折ります。

ぬいしろ1cmで両サイドをぬいます。

耳が1.5cm程度ある場合は耳の方だけぬいしろを1.5cmにします。

0.5cmの誤差を加味してよこのサイズを決めているので問題ありません。

加味し忘れても防災頭巾はクッション性があるので問題ありません。

こびママ
誤差が気になる場合は?
反対側のぬいしろを1cmから0.8cmに微調整してもOK!
こびログ

 

アイロンをかける

ぬいしろをアイロンで割っておきます。

半分に折った底の部分に線がしっかり付くようにアイロンをします。

 

マチをつける

底の線とサイドをぬったぬいしろの割れ目をピッタリ合わせて三角に折ります。

ぬいしろの割れ目から左右に4cmずつ、合計8cmの線を引きます。

8cmの線の上をミシンでぬいます。

はじめと終わりは返しぬいをします。

 

 

ファスナーテープ付け位置の合印をつける

両サイドのぬいしろの割れ目をピッタリ合わせて折ります。

折れ目は前後の中心なので、中心に合印を付けます。

防災頭巾を実際に置いてみてファスナーテープを付ける位置を決めます。

中心から左右4cmのところに8cmのファスナーテープを付けることにしました。

ファスナーテープの付け位置に合印をつけます。

中心から左右4cmのところ、そこからさらに8cmのところ。

消えるチャコペンなどで、表側に合印を付けておいてください。

 

 

三つ折りにしてぬう

入り口側を1cmさらに2cmの三つ折りにして、ぬいしろ1.5cmで1周ぬいます。

中表のままミシンの1.5cmのガイドを見ながらぬいます。

1周したら3cm重ねておわりです。返しぬいは必要ありません。

 

 

ファスナーテープを仮止めする

ファスナーテープのオス(ザラザラしている方)は受け手側、

メス(サラサラしている方)は可動側に付けるのが一般的です。

オスを布の表側に、メスを布の裏側に付けます。

ファスナーテープをクリップで留めます。

じっさいに防災頭巾を入れて付け位置を確認します。

上から5ミリぐらいのところにクリップで仮止めしました。

こびママ
このままで大丈夫そう!

 

 

ファスナーテープをぬい付ける

メスは裏側なので、表側からミシンをかけるために実線を書き込みます。

※消えるチャコペンなど目立たなくなるものを利用してください。

表側から実線の上をぬいます。四つ角は補強のため返しぬいをしておきます。

オスは表側なので、そのまま表側からミシンをかけます。

四つ角は補強のため返しぬいをしておきます。

 

 

できあがり

 

 

 

まとめ

防災頭巾は学校によって普段の使い方がそれぞれあります。

  • 座布団にする
  • 背もたれにする
  • 掛けておく

わたしの時代は座布団が主流でしたが、今どきは避難時にヘルメットを使用するので、防災頭巾を肌身離さず座布団にしておく必要がないようです。

入園・入学関連の布もの手作りは終わったものと思っていましたが、完全に盲点でした。

しかも作り方が見当たらなかったので困りました。

 

カバーにゴムを付ける場合のアイデア

防災頭巾にゴムが付いていなくて、今回作ったカバーにゴムを付けたい場合のアイデアはありますが、実際にやってみていないので作り方は割愛しました。

両サイドをぬうときにゴムを一緒にぬい合せると良いと思います。ゴムの部分は補強のため返しぬいも必要です。

この辺からゴムが出てきます。

※イメージなのでクリップで留めています。

マチを8cmにしたので、両サイドをぬう前に底から6cmのところにゴムを1cmぐらい挟んで、5ミリぐらいのぬいしろで仮止めしてから、両サイドをぬうのと一緒にぬい合せるという感じで良いと思います。

 

 

その他の入園グッズの作り方

レッスンバッグの作り方

入園グッズで欠かせないレッスンバッグを簡単に手作りする方法をご紹介。裏布つき、マチなし、内ポケットあり。表布に接着芯あり、表布の柄の上下あり。持ち手は表布を使用して手作りで接着芯もありです。

続きを見る

うわばき入れの作り方

入園グッズのうわばき入れを簡単に手作りする方法をご紹介。裏布つき、マチ4cmあり。表布に接着芯あり、表布の柄の上下あり。持ち手は表布を使用して作ります。表布を2枚に裁断しているので底をぬう手間がありますが、それ以外は一番シンプルな方法です。レッスンバッグとほぼ同じ工程で作れます。

続きを見る

ナップサック(体操服袋)の作り方

ナップサックは初心者でも手づくりできる?今回は入園グッズの体操服入れや部活の道具入れにもなるナップサックの作り方をご紹介します。体操服入れはきんちゃくが一般的ですが、ランドセルの上から背負えるナップサックを一つ作っておくと便利です。

続きを見る

お弁当袋に便利な巾着袋の作り方

裏布なし1枚の布で作れて簡単なお弁当袋の作り方をご紹介します。マチつきで立体的に仕上げているので、子どもがお弁当をしまいやすくなっています。お弁当箱のサイズに合わせて、好きなサイズに変更することもできます。

続きを見る

ランチクロスの作り方(額縁ぬい仕上げ)

裏布なし1枚布で簡単に作れるお弁当包み用のランチクロスの作り方をご紹介します。角を額縁ぬいでキレイにすっきり仕上げます。布のサイズを変えるだけで、コースターやランチョンマット、テーブルクロスなど同じ方法で作れます。

続きを見る

 

ぜひお試しください。

 

 

-DIY手作り, インテリア・収納, 子育て

Copyright© KOBiLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.